テットーひろば de のほほん

世田谷区にある乳幼児中心の遊び場「のざわテットーひろば」公式ブログです。
日々のできごとやイベント、プレーリーダーの想いなどをつらつらと書いています。


『地域のみんなで子育てしよう!』をモットーに掲げ、2019年で17周年!
地域のみなさんとともに、子育てをとおして、子どもが自由に遊べる環境をつくっていきたいと思います。
あなたも、一緒につくりませんか?



◆LINE@をはじめました!
 のざわテットーひろばの最新情報を、お手元のスマホにお届け!
 友だち登録はこちらから!



イベントスケジュール

 ★☆★のざわテットーひろばの

    これからのイベントスケジュール★☆★

いつ、どんなイベントをするのか、気になったらチェックをお願いします!
詳細は続きからどうぞ!

 

重要なお知らせ

 火曜日を基本に行っている「塚本さんランチ」「塚本さんとみんなdeランチ」は、

 諸事情により、金曜日開催に変更となりました。

 

季刊紙「テットーてつび2019冬号」を発行しました

 ひろばで配布しているほか、こちらからもダウンロードできます!

 12月のテットーひろば | テットーてつび2019冬号

 

のざわテットーひろば公式LINEアカウントを開設しました

 この度、LINE@審査基準に合格し「認証済みアカウント」となりました。

 友だち登録をすると、ひろばの最新情報をゲットできます!

 詳しくは、こちらをご覧ください。


【NEW!】2019/03/13 はたけ部「土づくりをしよう!」情報更新

続きを読む >>
| のざわテットーひろば | イベント告知 | 23:59 |
春が来たよニュース! #5

プレーリーダー・いえもんが見つけた“テットーの春”を紹介します♪

今日紹介するのは、「のっしーざくら開花」!

 

 

裏のウッドデッキに植わっているサクラの木。

2013年までプレーリーダーだった「のっしー」が退職するときに植樹されたもので、

毎年、春に彩りを添えてくれています。

今日、そののっしーざくらが開花していました!

 

 

まだ1分咲きにも満たないくらいの少なさですが、これから暖かい陽気に包まれて、

どんどん花開いてくることでしょう。

満開の桜の下で、ウッドデッキでお弁当!なんて良いですよね♪

 

| のざわテットーひろば | 日々のできごと | 15:53 |
【おやじ部連載コラム Vol.1】「子育てパパの対話」をテーマに主催者で対話してみました

 

 

「テットーおやじ部」がスタートして4ヶ月。

少しずつ参加者も増えてきて、活動に広がりが見えてきました。

 

でも、もっといろんな人を巻き込みたい!

そんな思いから、“対話”に魅せられた主宰者メンバー(のりさん、さとしさん、広吉さん、いえもん)と参加者で、

子育てパパ同士で対話することの良さ、意義などについて語り合いました。(当時の報告はこちら!)

 

* * * * * * * * * *

なぜ子育てパパの対話なの

濱田憲和(ノリ)・・・

今騒がれている千葉の野田の事件を聞いていると、ザワザワしまうのですが、虐待する親のことって僕はとても気になっていて、親を責める気持ちっていうのはすごくよくわかる。責められるべきだし、虐待された子どもを思うと胸が潰れそうになる一方で、

僕自身も、子どもに声を荒らげたり手を出したりすることもやっぱりあって、野田のお父さんが僕と全く違う人、僕と全く次元の違う人だとは思えないところがあります。

僕自身の話で言うと、どうして声を荒げたりするのかというと、僕自身が疲れてたり余裕がなかったりという時に、家の中にいる小さい弱い存在である子どもに八つ当たりをしているところがあります。

でも、「余裕がなくなった」「すり減った」という気持ちを自分に留めておかないで、共有できる場があったら、それだけで少し発散できて、子どもには向かわないということもできるところもあるのかなと思うんですね。

見渡したら、そういう気持ちを共有できない人は僕だけではなくて、むしろ男の人一般に気持ちを話せる人と言うのは少ないように思っていて、僕の気持ちに共感してくれる人は多いんじゃないかなぁと思っていました。

 

場があって、対話があれば世の中変わる

広吉敦子(アツコ)・・・

なぜ対話が大事かというと、私はやっぱり虐待の事件もそうですけど、地域でいろんなことが起こっている背景には、人と人との結びつきの希薄さみたいなところがとても関わっているんじゃないかと思っていて、そこを埋めていくにはやっぱり場が大切だし、そこに人と人とがつながる対話があるとその場は生きてくると思っています。

対話って人と人との信頼関係をつくるのに大事なもので、ただのおしゃべりではやっぱりそこまで到達しえないし、場があって対話があると、もうそれで世の中は変わるみたいな、問題はほぼほぼ解決するんじゃないかなぁというのを思ってるんですね。

対話だけではもちろん解決しないのだけど、それでも大事な要素になってくるのではないかな。

対話って、みんなできているのかなあと思うと意外とできていないんですね、おしゃべりからちょっと対話的になっても、あまり深まらなかったり、やっぱり攻撃しちゃったりとか、とうとうと自分の主張ばかり述べてしまうこともある。

そうでなくて対等な対話の場がどんどんできていけば人間関係も、普段あまり交われないと思っている人とも交われるようになるし、そうするといろんなことが解決するなあというところから対話の可能性を感じているところがありました。

テットーは場があるんですね、でも対話がすごくできているかというと、まだまだ深められるところがあるので、おやじ部からそういうカルチャーが広がっていくと、ここはとっても自治が進んでいるところだと自負しているんだけど、そこからもっとさらにさらに進んでいくのかなあと思っています。

 

「困っているんだよ」と話せる楽さ

中尾聡志(サトシ)・・・

そのまま乗っかって喋ると、僕も極端な話し、対話があれば世の中の問題はほぼほぼ解決されるんだろうと思ってる。

人には、いろんな性質があると思うのだけれど、その性質の違いが分からずに自分の考え方で見た時におかしいってなるとか、でも自分の考えでおかしいと思っているのに留めておいて、相手はどう思っているのかで見ていくと、いま衝突してしまうようなことも、衝突ではなくただ違いとして対等な関係がお互いに見えた時に、なんかエネルギーのぶつかり合いじゃなくてエネルギーの交換になると言うか交流になるのかなと思う。

対話にはそういう可能性を感じているし、テットー広場のおやじ部に関しては、ノリさんに近いなと思っています。

前にも話したことあるけど、自分がすごい怒った時の破壊的なエネルギーを自分がすごく実感しているので、この破壊的なエネルギーが誰にも理解されず向かう先みたいなのを求めたつづけた時に、制御できないまま弱い人に向かうとか、もしくは自分に向けたりするかもしれない。

その破壊的なエネルギーは命をどうにかする力があって、それを人の善悪で持ってる人と持ってない人がいるというのは統計取ってないからわかんないけど多くの人が怒りのエネルギーを持っているだろうと思っていて、男性に関しては共感されることが最近多いので実感があるし、でもなんかそういう「エネルギーがあるんだけど、どうしたらいいんだろう困るよね」ということを話せることで救われるような怒りエネルギーがあるんじゃないかなと。

「俺も困ってるんだよ」というような話ができる楽さみたいなのがあるし、楽にもなるし、ほっとする?

「こんな破壊的エネルギーを持っていて非人間的なエネルギーを持ってるのは俺だけなのかも」っていう孤独感がすごい和らぐので、「その俺だけなのかも」とかいうのが、「俺もだよ」というのがあらわれた時に安心感みたいな感じが俺は持ちたい。ほんとこの対話ってそのためですよね。

 

次回につづく・・・

 

◆登場人物:

・濱田憲和(ノリ)…おやじ部呼びかけ人

・広吉敦子(アツコ)…テットーひろば理事

・中尾聡志(サトシ)…対話ファシリテーター

* * * * * * * * * *

| のざわテットーひろば | おやじ部(父親支援講座) | 17:03 |
【イベント告知】土づくりをしよう!

 

(※クリックで拡大します)

 

テットーはたけ部「土づくりをしよう!」

 

今年もじゃがいも、さつまいも、さといも、トマト、なす、ハーブ、ミニ田んぼなど、

いろいろ育てて、収穫して、みんなで一緒に食べましょう!

畑で作物を育てるための「土づくり」をみんなでしませんか?

お時間のある方、土とたわむれたい方、無性に穴を掘ってみたい方、

いえもんかお当番さんにお声がけください。

シャベル、鍬、鋤などの農道具を貸し出しいたします。

 

◆チラシはこちらからダウンロードできます!

 

■日時:
 土づくりWEEK:3月11日(月)〜23日(土)

 はたけ部活動日:3月16日(土)、23日(土) いずれも11:00頃〜
■場所:
 のざわテットーひろば

 

■お問い合わせ:

 のざわテットーひろば
  東京都世田谷区野沢3-14-22
  Tel 03-3418-9950 / Mail tettohiroba@gmail.com

  [ホームページ] [ブログ] [ライン]

 

■主催:
 テットーはたけ部

| のざわテットーひろば | イベント告知 | 16:18 |
春が来たよニュース! #4

プレーリーダー・いえもんが見つけた“テットーの春”を紹介します♪

今日紹介するのは、「さくらんぼの花」!

 

 

ちょっと裏庭の奥へと足を進めてみると、さくらんぼの木があります。

この間、ぼーっと眺めていたら、木々の中に浮かぶ白いものが目につきました。

「何だろう?」と思ってみてみると、さくらんぼの花でした。

 

 

5月くらいには、さくらんぼの実がなることでしょう。

去年は、実をつけたとたん、あっという間に鳥に食べられてしまったので、

今年は何とかリベンジしたいところ…。

 

まだまだ掘り起こせば、いろんな春がありそうなテットーひろば。

春休みになったら、着替えをもって遊びに来てね♪

 

| のざわテットーひろば | 日々のできごと | 18:13 |
春が来たよニュース! #3

プレーリーダー・いえもんが見つけた“テットーの春”を紹介します♪

今日紹介するのは、「ハナモモの開花」!

 

 

裏庭のピザ窯の横に立つ、このハナモモ。

実は、昨年10月の台風で他の木々とともに倒れてしまった木の1つです。

でも根っこがしっかり残っていたので、造園業者さんのお力もあって、起こして保護・養生していました。

今シーズン、咲くか咲かないか心配でしたが、無事に花開いてくれて一安心。

 

 

ちょっと空を見上げてみると、「あ、咲いてる!」というものが多くなってきました。

みんなも遊びに来たら、ちょっとお空を見上げてみてね。

| のざわテットーひろば | 日々のできごと | 18:22 |
春が来たよニュース! #2

プレーリーダー・いえもんが見つけた“テットーの春”を紹介します♪

今日紹介するのは、「カエルのたまご」!!

 

 

水面が反射していてよく見えにくいかもしれませんが、中にあるのはカエルのたまご。

ある時、裏庭を歩いていたら、水たまりの中に浮かんでいるのを見つけました。

ということは、カエルが産卵するために、テットーひろばに来ていたということ?!

(一応、確認までですが、ここは東京都世田谷区の住宅街のど真ん中です(笑))

 

 

どうやら、テットーひろばが休みの日で雨の日に、産卵しに来ているらしい…。

大量のたまごたち、どんぐらいおたまじゃくしが生まれるんだろう?

今から、子どもたちもいえもんも楽しみです。

 

みんなも、テットーの春を探しに遊びに来てね!

| のざわテットーひろば | 日々のできごと | 18:37 |
【イベント告知】子育てパパの対話会「突然ですが、自分のこと許せていますか?」

(※クリックで拡大します)

 

テットーおやじ部企画

子育てパパの対話会「とつぜんですが、自分のこと許せていますか?」

 

自分が楽しいこと、自分がやりたいって選ぶこと、

やらなきゃ、しょうがない、そんなのに自分が埋もれていませんか?

おやじ部は、議論やディスカッションの場ではなく、お互いの経験を聴きあい、

それぞれが新しい視点や気づきを得るための対話を大事にしています。

 

こども、仕事、夫婦関係…いちどで解決する特効薬はないけど、

子育て中の父親同士、対話を通じてヒントは見つかるかも。

子連れの遊び仲間を見つけるためにもどうぞ。

 

父親になりたての方、「最近テットー行ってないな」という方、

おやじのみなさま、どなたでもご参加ください。

 

◆チラシはこちらからダウンロードできます!
 

■日時:
 3月23日(土) 17時30分〜20時30分

  17時00分〜17時30分:準備(お手伝い歓迎!)

  17時30分〜19時30分:対話

  19時30分〜20時30分:ごはん
■場所:
 のざわテットーひろば
■参加費:
 おとな1000円(ごはん)、こども無料

 ※ごはん代込みですが、飲みたいものは各自で持参してください

■定員:

 7名(要申し込み)

 

■お申し込み:

 こちら(専用申し込みフォーム)からお申し込みください!

 

■お問い合わせ:

 h.norikazu@gmail.com (テットーおやじ部・浜田)

 

◆ファシリテーター:

 中尾聡志さん

  Ordinary World代表。ファシリテーター・円坐守人。

  ワークショップや対話の場づくりをしています。

  聞き合って語り合って「そうだったのか!」と今まで知らなかったことを知る喜び、

  そんな対話の時間が三度の飯より好き。三度の飯も好き。

  趣味は、マラソン、カラオケ、マンガを読むこと。

  旅行に行くと、つい“苔”を写真に撮ってしまう。

◆呼びかけ&運営:

 浜田憲和さん

  2歳と5歳の2児の父。趣味は、ラン、スイム、サーフィン…、身体を動かすこと全般大好き。

  今年の目標は個人メドレー100mで1分40秒。

  上のお兄ちゃんが自転車でジョグの伴走してくれるのが楽しみです。

  普段は途上国の子ども支援をするNGOで働いていて、

  土曜日は子どもと一緒にちょこちょこテットーに出没します。

 

■主催:
 テットーおやじ部

 (のざわテットーひろばに来園する、お父さん中心の自主活動サークル(部活)です)

| のざわテットーひろば | イベント告知 | 17:35 |
ホンモノの音を楽しむ

3月1日(金)、アンサンブルメランジェのみなさんによるコンサートを開催しました。

当日は、室内に入りきれずに立見ができるぐらい、大勢の方々に来ていただきました。

 

続きを読む >>
| のざわテットーひろば | 子育て支援講座 | 18:34 |
ドイツから学ぶ子どもの遊びと子育て

2月25日(月)の午前中、子育て支援講座「ドイツから学ぶ子どもの遊びと子育て」を開催しました。

講師には、フリーランスのプレーワーカーで、NPO法人日本冒険遊び場づくり協会代表を務める、

どっくんこと関戸博樹さんです。

 

のざわテットーひろばのオープン当初から、室内を間借りして事務局を構えている、

NPO法人日本冒険遊び場づくり協会との共催で、今回の講座が実現しました。

 

続きを読む >>
| のざわテットーひろば | 子育て支援講座 | 17:00 |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ PROFILE
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS