テットーひろば de のほほん

『地域のみんなで子育てしよう!』
 のざわテットーひろばは、誰でも遊べる地域のひろばです。
 あなたも一緒につくっていきませんか?


   <2007年10月から世田谷区おでかけひろば事業になりました!>
   <2010年2月に特定非営利法人を取得しました。>
   <運営は今まで通り子育て中のお母さんたちが中心に行っています。>


※イベントの情報などは、HP(今月のイベント)でご確認ください。
※テットーカフェ、ランチなどの情報は、姉妹ブログ「おいしいテットーblog」をご覧ください。



<< さつまいもDAY! | main | 絵本を寄贈していただきました! >>
おやこにやさしい だっことおんぶ講座

 

あかちゃんやお母さんたちにとって、

必要不可欠なだっことおんぶ。

 

身体が痛くなったり、泣き止まなかったり。

じつは、誰も教えてくれなかった、

抱っことおんぶの講座をやりました!

 

講師は、げんこつやまプロジェクトの松田さん。

 

自身の経験なども含め、お母さんたちが楽なだっことおんぶのやりかた、

こどもたちの視点からのだっことおんぶのやり方を

伝えてくれました。

 

 

 

 

まずは、基本の抱っこの仕方。

普通に抱っこをしてみましょう。

 

 

 

実は、思っているより上…

おへそより上のところで、腕を支えにだっこします。

手の向きも、手首の負担を減らすキーに。

 

 

 

あかちゃんの体の力を抜くマッサージ!

遊びの中で脱力する、体をあずける、

そんな感覚を覚えます^^

 

 

 

素おんぶの仕方も。

こうやると、赤ちゃんでもしっかり背中にしがみつけます。

 

ポイントは、振り向くと赤ちゃんの顔があること。

 

かなーり、上に赤ちゃんがいますね。

 

 

 

さらしを使った、おんぶの仕方。

 

さらしが一枚あれば、こどもの体を自然な形で、

そしてお母さんも楽に、おんぶができます!

 

 

 

こんな風に、布で抱っこができるんです。

赤ちゃんの目が、お母さんの目と同じ高さにいます。

 

背中越しに、赤ちゃんがお母さんの世界を見られる。

 

それも、大事なポイント!

 

 

 

布を使っただっこのやりかたも。

 

松田さんは、

「道具に合わせるんじゃなくて、子どもの成長、

子どもたちの身体と、お母さんの体に合わせて

抱っことおんぶをしていくことがだいじ。」と教えてくれました。

 

便利な道具がたくさんありますが、

こうやってちゃんと意味を知って、

あかちゃんにもお母さんたちにもやさしいだっことおんぶが

できれば、子育ても少し楽になるのではないかな?

 

今回参加したお母さんたち含め、

スタッフも数人参加しましたので、

テットーに来た際は、ぜひ、だっことおんぶを

一緒に練習しましょう♪

| tetto | イベント報告 | 17:17 |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:17 |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ facebook
+ ネット文庫
+ follow us on twitter!
+ PROFILE
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ RECOMMEND
あな
あな (JUGEMレビュー »)
谷川 俊太郎, 和田 誠
+ RECOMMEND
+ SPONSORED LINKS