テットーひろば de のほほん

世田谷区にある乳幼児中心の遊び場「のざわテットーひろば」公式ブログです。
日々のできごとやイベント、プレーリーダーの想いなどをつらつらと書いています。


『地域のみんなで子育てしよう!』をモットーに掲げ、2020年で18周年!
地域のみなさんとともに、子育てをとおして、子どもが自由に遊べる環境をつくっていきたいと思います。
あなたも、一緒につくりませんか?



◆LINE@をはじめました!
 のざわテットーひろばの最新情報を、お手元のスマホにお届け!
 友だち登録はこちらから!



<< 【お知らせ】塚本さんランチ再開について | main | 【イベント告知】赤ちゃん・子どもの救命講座 >>
平成最後の夏休み

今日から9月!

いよいよ、2019年へのカウントダウンが動き出す時期になりましたね(早いか)。

そして今日は、テットーひろばが開園している“平成最後の夏休み”最終日となりました。

雨予報の影響か、来園者は少なかったのですが、子どもたちはいつにも増して、

思う存分に遊び尽くしていました。

 

夕方4時から始まったどろ遊び。

それまで、裏庭には誰ひとり足を踏み入れなかったのに、

子どもたちの中での「遊びスイッチ」が入ったのか、裏庭に集まって穴掘りが始まりました。

 

 

お母さんたちからは、「え、今からやるの?」と苦笑い。

大人の中では、遊びが終わったときのだいたいの想像はできていましたが、

子どもの「やってみたい!」という気持ちに寄り添いながら、遊びを見守っていました。

 

 

ホースの水を出しながら、川づくりが一斉に始まります。

プレーリーダー・いえもんも、一緒に穴掘りに参加!

川を作るべく穴を掘っていたと思ったら、土山を築いて水をせき止めていたり、

1人ではなく仲間と一緒に遊ぶからこそ、作ったり壊したりの連鎖が生まれます。

 

 

一方では、どろ遊びに初挑戦してみた子も。

お母さんに連れられて、はじめは緊張気味のようでしたが、

他の子どもたちの見よう見まねで、泥に触ってみたり、水に足を入れてみたり。

1つひとつの行動も、その子にとっては大きなチャレンジです。

 

 

そのうちにお兄ちゃんたちは、「隕石落下」という名前で、泥の塊を投げ入れる遊びに。

 

 

いえもんもどろしぶきの洗礼に遭いましたが、彼らにとってはおかまいなし(笑)

自分もしぶきを浴びながら、どれだけしぶきを高く広範囲にあげられるか、

究めつつ遊んでいました。

 

 

テットーひろば閉園の時間も迫ったとき、ふと彼らの「遊びスイッチ」が切れたのか、

「シャワー浴びる〜」と表に戻っていきました。

 

子どもの「遊びスイッチ」は、いつONになって、いつOFFになるかわかりません。

なかなかONにならないかもしれないし、逆に、なかなかOFFにならないかもしれない。

どんな場面になっても、子どもの遊びを見守れるゆとりを持っておきたいですし、

その遊びを展開できる環境や仕掛けがあることは、すごく大事だなぁと思います。

 

今日の彼らは、(大人の想像どおりだったか)泥だらけになった服を持って家路につきました。

このあとお母さんたちは、泥だらけの服と格闘しながら洗うのかと思うと、本当に頭が下がります。

でも、これに懲りずに、次回も着替えを持って遊びに来てくださいね。

 

| のざわテットーひろば | 遊び | 19:22 |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:22 |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ PROFILE
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS