テットーひろば de のほほん

世田谷区にある乳幼児中心の遊び場「のざわテットーひろば」公式ブログです。
日々のできごとやイベント、プレーリーダーの想いなどをつらつらと書いています。


『地域のみんなで子育てしよう!』をモットーに掲げ、2020年で18周年!
地域のみなさんとともに、子育てをとおして、子どもが自由に遊べる環境をつくっていきたいと思います。
あなたも、一緒につくりませんか?



◆LINE@をはじめました!
 のざわテットーひろばの最新情報を、お手元のスマホにお届け!
 友だち登録はこちらから!



<< (まだ3分咲きの)藤棚の下でお茶会! | main | 【イベント告知】ベンガラ染めを楽しみませんか? >>
親子愛あふれる絵本づくり

10連休のゴールデンウィーク初日となった4月27日(土)、

子育て支援講座「親子でつくる蛇腹絵本ワークショップ」を行いました。

ものづくりが大好きな9組の親子が集まり、親子で絵本づくりを楽しみました。

 

 

講師は、テットーひろばスタッフでもある、みつふみこさん。

寄付でいただいた色画用紙を存分に使って、びりびり破いたり、ちょきちょき切ったりしながら、

絵本の素材を作っていきます。

 

 

 

素材が出来上がったら、蛇腹絵本の台紙に貼ったり、その上から絵を描いてみたり。

大人も子どもも、思いのままに作っていきます。

おや、絵本の輪郭が少しずつ見えてきましたね。

 

 

 

さぁ、絵本が出来上がったようです。

どんな作品になったのか、一部のものをご紹介しま〜す!!

 

これは、「おばけのおはなし」というタイトルで、いろんなおばけが登場するようです。

ママも子どもも、おばけになっちゃってるのかな?

 

 

これは、妖怪のおはなし。

なんと、パパが家で妖怪の絵を描いてきて、それを貼りつけたという用意周到さ!

その妖怪の絵もリアリティで、すごく良かったです。

 

 

こちらは、お花のおはなし。

最後のページで満開のお花がどん!と現れるしくみ。

擬態語中心の言葉づかいで、なんだかやさしい気持ちになれますね。

 

 

こちらは、箱根登山鉄道のおはなし。

電車が大好きな子どもと作った絵本は、箱根登山鉄道のスイッチバックや

鉄橋、あじさいなど、随所のポイントがしっかりと押さえられてました。

 

 

これは、キャリアカーのおはなし。

救急車、消防車、バスなど、たくさんの車がページごとに登場してきて、面白いですよね。

 

 

最後に紹介する作品は、水族館のおはなし。

子どもがびりびり破いたのを、ママがうま〜く形にして貼り合わせたようです。

特徴を押さえられていて、ほのぼのとしていますね。

 

 

どの作品も上手下手とかではなくて、親と子のそれぞれの個性がにじみ出ていて、

まさに“親子愛”あふれる絵本になっていました。

 

何か1つのものを作るときって、出来上がったイメージを形にしたり完成度を上げたりするために、

大人が何もかも手を出してしまいやすいけど、

子どものペースに寄り添いながら一緒に楽しむこと、つまり結果ではなくプロセスを大事にすること、

とてもすてきなことだと思います。

それは、ものづくりだけじゃなくて、遊びでも同じこと。

 

この日は、こんないい絵本にこんな場面に出会えて、僕(いえもん)もとても幸せな気持ちになりました。

| のざわテットーひろば | イベント報告 | 19:11 |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:11 |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ PROFILE
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS