テットーひろば de のほほん

世田谷区にある乳幼児中心の遊び場「のざわテットーひろば」公式ブログです。
日々のできごとやイベント、プレーリーダーの想いなどをつらつらと書いています。


『地域のみんなで子育てしよう!』をモットーに掲げ、2020年で18周年!
地域のみなさんとともに、子育てをとおして、子どもが自由に遊べる環境をつくっていきたいと思います。
あなたも、一緒につくりませんか?



◆LINE@をはじめました!
 のざわテットーひろばの最新情報を、お手元のスマホにお届け!
 友だち登録はこちらから!



<< 【イベント告知】赤ちゃん・子どもの救命講座 | main | 流しそうめんで涼をとる >>
親の責任ってなんだろう?

8月3日(土)、テットーおやじ部企画「子育てパパの対話会」を行いました。

今回は「親の責任ってなんだろう?」をテーマに、2名の男性参加者を迎えて、さまざまな対話が繰り広げられました。

 

対話の冒頭は、参加者の1人が産後ケアに関わってることから、妊娠や出産の話に。

 

男性は、妊娠や出産の際にパートナーに寄り添いながら生活しているが、

とはいえ、パートナーが感じる妊娠時のつらさや出産時の痛みを、男性自身が体感する術がないので、

パートナーの感情にどのように共感し、どのように寄り添うべきか、男性の視点と女性の視点を織り交ぜながら、

対話を広げていきました。

 

 

とある話の流れから「帝王切開ってなに?」という話に。

名前は知っているが、どのような出産方法なのか知らないという男性に、女性が丁寧に解説する場面もありました。

 

子育てをしている現役パパだからこそ、「子育てのことなら何でも知っている」と思いがちですが、

現役パパでも知らないことはある。

それは単に、「パパなら何でそんなことも知らないの?」という批判ではありません。

学校の先生でも知らないことがあるように、パパである前に、1人の男性であり人間であることを思い知らされました。

 

 

対話会において、毎回テーマはありますが、この日はテーマに沿った話にはなりませんでした。

そんなことも、この対話会ではしばしば。

テーマは対話のきっかけに過ぎず、参加者の関心や最近の悩み・課題から対話をはじめていくことも。

今回は、それを象徴するかのような時間でした。

 

| のざわテットーひろば | おやじ部(父親支援講座) | 16:35 |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:35 |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ PROFILE
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS