テットーひろば de のほほん

世田谷区にある乳幼児中心の遊び場「のざわテットーひろば」公式ブログです。
日々のできごとやイベント、プレーリーダーの想いなどをつらつらと書いています。


『地域のみんなで子育てしよう!』をモットーに掲げ、2020年で18周年!
地域のみなさんとともに、子育てをとおして、子どもが自由に遊べる環境をつくっていきたいと思います。
あなたも、一緒につくりませんか?



◆LINE@をはじめました!
 のざわテットーひろばの最新情報を、お手元のスマホにお届け!
 友だち登録はこちらから!



<< 【イベント告知】子育て講演会「“ゆる親”のすすめ 〜だいじょうぶのタネをまこう〜」 | main | よいしょ〜!よいしょ〜! >>
あつさ、こわさを知る

とある寒〜い日。室内が15時で終わってしまうので、七輪を出して暖をとることに。

 

ちょうどこの日は、いつも遊びに来ているお母さんから、りんごの差し入れをいただいていたので、

遊びに来ていた子どもたちで食べていたのですが、

いえもんの思いつきで焼きりんごをしてみました。

 

 

網の上にりんごを乗せていたら、子どもたちが寄ってきて「何してるの〜?」と。

七輪でりんごを焼いている様子に面白がって、ひとり1つ、りんごを乗せて焼いてみました。

「まだかな、まだかな」と何度もひっくり返しては、大事そうに焼いている子どもも。

 

火って「あつい」し、「こわい」。

でも、「あつい」ことも「こわい」ことも、経験しなきゃわからない。

 

とある子どもキャンプでは、大人から「火はあついから、必ず軍手してね」と指示されたけど、

子どもはその指示を無視して、火の中に手を入れてやけどをしてしまったことがありました。

その子曰く、「火が本当にあついのか確かめたかった」とのこと。

その子の家庭はオール電化のようで、火を間近で見たことがなかったようです。

 

こんな時代だからこそ、火の体験って大事ですよね。

「あつい」けど、「こわい」けど、ルールを守ったら「楽しく」なる。

火があれば、食べ物も焼けるし、暖もとれるし、まわりが明るくなるし、気持ちも明るくなる。

「そんな火って、偉大な存在だなぁ」と、七輪を囲みながらそんなことを思っていました。

 

 

そのうちに、りんごはこんがり焼けていました。おいしかった!

たまには、こんな時間も良いものです。またやりたいね。

 

| のざわテットーひろば | 日々のできごと | 23:51 |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:51 |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ PROFILE
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS