テットーひろば de のほほん

世田谷区にある乳幼児中心の遊び場「のざわテットーひろば」公式ブログです。
日々のできごとやイベント、プレーリーダーの想いなどをつらつらと書いています。


『地域のみんなで子育てしよう!』をモットーに掲げ、2020年で18周年!
地域のみなさんとともに、子育てをとおして、子どもが自由に遊べる環境をつくっていきたいと思います。
あなたも、一緒につくりませんか?



◆LINE@をはじめました!
 のざわテットーひろばの最新情報を、お手元のスマホにお届け!
 友だち登録はこちらから!



<< ことしも、あいつがやってきて…(裏舞台編) | main | どろまみれ >>
生まれてきてくれてありがとう

2月5日(水)、子育て講演会「“ゆる親”のすすめ 〜だいじょうぶのタネをまこう〜」を、西野博之さんをお招きして行いました。

 

 

西野博之さんは、川崎市高津区にあるプレーパーク「川崎市子ども夢パーク」所長を務めるほか、

子ども・若者の居場所づくりを25年以上関わり、子どもから親までの悩みに向き合ってこられました。

今回はその経験から、子育て世代のママ・パパたちへのメッセージを届けていただきました。

 

当日は、17名のママ・パパや学生さんが参加されました。

終始、西野さんのお話に耳を傾け、熱心にメモをとっていました。

 

 

冒頭、子どもを取り巻く社会問題から話が始まります。

子どもの不登校、学校での暴力行為、児童虐待など、あらゆる諸問題を抱えています。

気分が暗くなるような話が続きましたが、子育てに関わる身としては目を背けられない話ですね。

 

 

後半はプレーパークで、子どもがびしょぬれ、どろだらけになりながら遊ぶ写真を見ながら、外遊びの大切さを説かれました。

これだけ全身汚れても怒られない、禁止されない場所がプレーパークであり、テットーひろばもその一つ。

テットーひろばが、子どもの自己肯定感を高め、成績では計れない非認知能力を育ててくれるのです。

 

 

最後に西野さんから、

「大切なことは『生まれてきてくれてありがとう』『あなたがいてくれて幸せだよ』という言葉を子どもに贈ること。

ただそれだけ。」というメッセージを送られました。

西野さんのお子さん出産当時の話も交えつつ、それを物語っているように感じました。

 

「生まれてきてくれてありがとう」。

それはすごく単純で当たり前のことだけど、すごく深みのあるいい言葉ですよね。

 

 

「ごはんのときはおいしく楽しく食べたい」。講演の中で、こんなフレーズがありました。

講演会の後、参加していたママから、「あの話がすごくタイムリーだった!」と感想をいただきました。

 

ごはんでついつい遊んでしまう子どもに対して、「○○はダメ!」「△△しなさい!」と注意してしまう。

その時に、パパから「ごはんくらい楽しく食べたいのにね〜」と言われたとのこと。

その出来事のあとに、西野さんの話を聞いて、すごく腑に落ちて反省しましたと言っていました。

 

西野さんの講演会が、こうしてママ・パパたちの心に伝わり、日々の子育てに活きてくれた瞬間に立ち会えて、

この講演会を企画したいえもん自身も、すごくうれしかったです。

 

 

「外遊びって何歳からできるんですか?」という質問をときどき受けます。

答える人にとって「何歳」というのは変わってきますが、僕は「生まれた瞬間」から外遊びできると思っています。

 

首の据わらない赤ちゃんでも、ハイハイできる赤ちゃんでも、よちよちあんよできる赤ちゃんでも、

外に出て、花や草のにおい、心地よい風、流れる白い雲、さまざまな自然の音、それを感じるだけでも“外遊び”なんです。

自然の事物を五感を駆使して体感するだけでも、赤ちゃんの成長につながると思っています。

そして、それをママ・パパとともにゆったりできるのが、のざわテットーひろばですね。

 

ここテットーひろばで、「だいじょうぶのタネ」をまいていきたい、そういう場をつくっていきたい、改めてそう思えた講演会でした。

参加していただいたみなさん、ありがとうございました!!

 

| のざわテットーひろば | 子育て支援講座 | 21:35 |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:35 |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ PROFILE
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS