テットーひろば de のほほん

世田谷区にある乳幼児中心の遊び場「のざわテットーひろば」公式ブログです。
日々のできごとやイベント、プレーリーダーの想いなどをつらつらと書いています。


『地域のみんなで子育てしよう!』をモットーに掲げ、2020年で18周年!
地域のみなさんとともに、子育てをとおして、子どもが自由に遊べる環境をつくっていきたいと思います。
あなたも、一緒につくりませんか?



◆LINE@をはじめました!
 のざわテットーひろばの最新情報を、お手元のスマホにお届け!
 友だち登録はこちらから!



<< ザンショ!! | main | 思い思いな一日。 >>
色水づくり
 
最近、色水づくりが流行ってます。

というのも、色水遊びにもってこいな木の実が色付いてきたから。
でもね、保護者の方々には知っておいていただきたい事があります。

良く見かけるこの木の実、実は毒草です。(+_+)
 
この草の名前は「ヨウシュヤマゴボウ」。
外来種ですので洋種(ヨウシュ)。
子どものころから良く遊んでいた方も多いんじゃないでしょうか?

でも、全草(実も茎も根も)に毒があり、
漢方の「ヤマゴボウ」と間違えて食べてしまったりという
中毒事件が多い植物でもあります。

実はそれほど毒は強くないようで、
数粒食べたくらいでは何ともなりません。
しかも不味いので(試しました。)無理して食べる子はいないと思います。

しかし、海外では砂糖と一緒にミキサーで混ぜてしまったものを飲み死亡という例もあるので
気をつけて下さいね。

ヨウシュヤマゴボウについてテットーひろばでは、
危険性の程度を認識していれば問題なく、
豊かな遊びに欠かせない植物だと考え遊びに用いています。


毒草について、今日来ていたお母さんと話題になったのですが、
身近に意外に毒草があったりするのでご紹介。


まず、キョウチクトウ。
これも、おいしい物ではないので食べる事はまずないと思いますが、
バーベキューの串として使った大人が死亡という例があるくらい強い毒です。
排ガスに強いので幹線道路に植えられている事が多いですね。



かわいいくせに意外に怖いスズラン。
毒は花が特に強いらしく、水溶性。
花をさしていた水を飲んだ幼児が死亡という例があります。
きれいな物には毒がある?

いたずらに怖がる必要はないと思いますが、
知っていると安心できますね。

その他身近な中毒情報はこちらが役に立ちます。
気になる物があったら是非調べてみてはいかがでしょうか?
日本中毒情報センター データーベース
| のざわテットーひろば | 遊び | 19:35 |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:35 |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ PROFILE
+ LINKS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ SPONSORED LINKS